高収入で映えベート

Be Dazz

風俗嬢の工夫・テクニック・美容

AV女優になるために知っておくべき事・デメリット部分

更新日:

「年収○千万は楽に稼げる」

「お仕事内容はとっても楽」

「有名になったらテレビにも出られるかも」

AV女優になることを希望する女の子の多くが、上のようなことを想像してAV女優になりたがりますが、はたして、実際のところっていったいどうなんでしょうか?

もちろん、数千万円レベルの年収や、テレビのバラエティ番組の出演など、AV女優のお仕事にはそれ相応の「華やかさ」があります。

しかし、AV女優のお仕事には上のようなメリットのほかにも、デメリットも存在しています。

デメリットを知らずにただ楽して大金を稼げるからという理由でAV女優を始めてしまうと、自分が思い描いていたAV女優というお仕事に対する幻想を打ち砕かれてしまうことにつながるかもしれません。

今回は、「AV女優になるために知っておくべき事・デメリット部分」についてお話をさせていただきます。

そもそも、AV女優のお仕事ってどうやるの?

お仕事の形はさまざまです。

ひとくちにAV女優のお仕事と言っても、その形態はさまざまにあります。

基本的には、AV女優として専属の事務所に所属したあとは、AV女優のお仕事を事務所が紹介してくれる流れとなります。

AV女優のお仕事には、足や胸、お尻だけの「パーツ出演」や、手コキプレイのみの「手だけ出演」などの比較的ライトなパーツモデルから、セクシーモデルとして雑誌やインターネットのホームページ向けグラビアの撮影、そして、AV作品に出演して男優さんたちとからんでゆくお仕事などがあります。

所属事務所はこれらのお仕事をあなたに紹介し、あなたは自分の意志でどのお仕事を選択するかを決めて、AV女優のお仕事をこなしていく流れとなります。

AV女優は「個人事業主」。

よく勘違いしている女の子がいるのですが、専門のプロダクションに所属しながらAV女優としてお仕事をするということは、そのプロダクションの社員になる、従業員になる、という雇用契約ではなく、あくまでも「あなた個人との個人契約」という形を取りながら、お仕事をする流れとなります。

これはつまり、あなたがAV女優=「個人事業主」として専門プロダクションと契約している、ということになりますので、通常の会社員や派遣社員、パートやアルバイトの人たちのように「会社に雇われている」雇用形態ではないことを認識しておく必要があります。

このため、あなたが所属する専門プロダクションの社員はあなたのためにお仕事を取ってくる営業業務をこなす形となり、あなたはお仕事を取ってきてくれる専門プロダクションに対してAVメーカーから支払われるギャラの何割かを徴収されることとなります。

つまり、あなたという個人事業主のために所属事務所の人たちがお仕事を取ってくるので、その「業務委託料」を所属事務所に支払う必要がある、ということですね。

ちょっとむずかしい話になってしまいましたが、この「AV女優は従業員ではなくて、一人の個人事業主」という認識は常に頭に入れておくことをおすすめします。

AV女優のお仕事のデメリットについて

ギャラはお仕事によって幅があります。

AV女優のお仕事と言うと、どんなお仕事でも数十万円から数百万円といった高額のギャラをもらえると思っている女の子がいますが、AV女優のお仕事はすべてが高額のギャラがもらえるお仕事ばかりではありません。

上記で書いたようにAV女優のお仕事にはさまざまな種類があり、安いものだと手や目、お尻や胸、足だけのパーツモデルの場合は「数千円程度」のギャラから始まり、企画系モデル、つまりあなたのAV女優としての名前が出ない「その他大勢」のお仕事の場合は1作品あたり「数万円程度」といったギャラがほとんどとなります。

1本につき百万円以上のギャラをもらえるのはほんの一握りの女の子だけ。

AVの世界では、「出演作品1本あたり百万円以上のギャラ」をもらえるのは、単体女優の中でもトップクラスのごく一部の女の子に限られています。

そもそも、AV女優には、

・顔の一部やお尻、胸、手、足といった「パーツモデル」

・企画系と呼ばれる作品に名前無しで出演する「企画女優」

・企画系ではあるものの、女優名が一応表示される「企画単体女優(キカタン)」

・そして、「AV女優のスター」である「単体女優」(そのAV女優のために作品を作り、女優の名前がタイトルクレジットされる)

があり、この中でも「1本あたり百万円以上のギャラ」をもらえるのは、単体女優の女の子だけです。

その下の企画単体女優でも、1本あたりのギャラは多くても数十万円、企画女優やパーツモデルになると、十万円以下や時には1万円前後、などのギャラも。

職業差別を受けることがあります。

AV女優というお仕事は、世の中の多くの男性をよろこばせることが出来る上、お金も稼ぐ事が出来る素晴らしいお仕事ではありますが、まだまだ世間ではAV女優に対する理解度は薄く、職業差別を受けることがあります。

たとえば、「AV女優だから私生活も淫乱なんだろう」「頭のネジがゆるんでいるんだろう」といったいわれの無い偏見や差別を受けることを覚悟する必要があります。

NG項目はきちんと事務所に伝えておきましょう。

AV女優のお仕事には、通常の生活ではあまり経験出来ないような「スカトロ」「大量ごっくん」「中出し」「アナルセックス」「獣姦」など、アブノーマルなジャンルの作品もあります。

もし、あなたがこれらのプレイをしたくないのであれば、所属している事務所にはあらかじめ「これとこれは出来ません」とNG項目をはっきりと伝えておく必要があります。

AV女優=収入が安定する、ではありません

AV女優のお仕事は、一度人気が出てある程度のファンが出来ると自然と作品の出演回数も増えてギャラも増えますが、すべてのAV女優が安定して高い収入を得ているわけではありません。

中には、一般の会社員よりも少ない月収のAV女優も多く、生活費にも困る、そんなケースが少なくないのです。

「AV女優=安定した高収入」という考えは、持たないようにしましょう。

AV女優は気分しだいで幸せにも不幸せにもなるお仕事

今回の記事を読んで「なんだかAV女優って、大変そう」という感想を持った女の子も多いかと思いますが、AV女優のお仕事はその女の子の気持ちしだいで、いくらでも楽しく働く事が出来る反面、マイナス思考におちいってしまうととことん仕事に対する嫌気が出てくるようになります。

どんなお仕事でもそうですが、AV女優のお仕事を「楽しい」「充実している」と思いながら、前向きに楽しめるかどうか、それがAV女優として長く活動し続けていけるかどうかの別れ道になるのです。

この記事を読んでくれたあなたがもし、AV女優になったときには、ぜひ、「ポジティブ思考」で前向きにお仕事をこなしてゆくことを心がけてみてはいかがでしょうか。

-風俗嬢の工夫・テクニック・美容

Copyright© Be Dazz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.