高収入で映えベート

Be Dazz

稼げる副業

風俗嬢に人気の稼げる副業まとめ

更新日:

風俗は、とてもお金を稼げる仕事です。普段は一般企業に勤めながら、副業として風俗嬢をしている女性は少なくありません。

その一方で、風俗を本業とするプロの風俗嬢が、密かに副業をしているケースも珍しくないのです。ここでは、風俗嬢が副業をする理由や、人気の高い副業について解説します。

風俗嬢に人気の稼げる副業1:副業をする理由

ある程度の経験を積んでお客をつかんだ風俗嬢は、1日で2万~3万は簡単に稼ぎます。

したがって、風俗嬢はお金が目当てで副業をするわけではありません。では、何が目的なのでしょうか。風俗嬢が副業をする主な理由を見ていきましょう。

職歴を作るため

最も現実的な理由がこれでしょう。風俗嬢は、いつまでもやっていられる商売ではありません。

よほどの人気嬢でない限り、40歳くらいになると急激に稼ぎが低下していくことが知られています。

遅くとも30代後半までには、次の仕事の当てを見つけておかなければならないのです。

とはいえ、風俗嬢だったことを履歴書に堂々と書ける女性はまずいません。

仮に書いたとしても、職歴としてほとんど評価されないのが実情です。

将来の転職を視野に入れるなら、風俗嬢以外の職歴を作っておく必要があります。

そのため、多少無理をしてでも副業に励む人が少なくないのです。

常識を身につけるため

風俗業界は、一般常識からはかけ離れた世界です。

たとえば、ほとんどの風俗嬢はお店と雇用契約を結んでいるわけではありません。

風俗嬢とお店が結んでいるのは「業務委任契約」であり、お客さんから受け取った料金のうち、お店の取り分は「風俗嬢からお店への報酬」として扱われるのです。

この他にも、特殊なルールがたくさんあります。

加えて、風俗嬢にも男性スタッフにも、あまり他人に話せない人生を歩んできた人が少なくありません。

そのような人が多い環境で働くと、偏った情報ばかりが入ってきて、どんどん常識に疎くなってしまうのです。

友達の中で浮きたくない人や、いずれ転職したい人などは、副業でごく普通の人たちとふれあい、常識を身につけておくべきでしょう。

気分転換をするため

風俗嬢は、精神的に病んでしまうことが珍しくありません。

嫌なお客の相手で疲れた、待機部屋の空気が悪い、スタッフがまともに仕事をしてくれない、将来の見通しが立たないなど、風俗嬢を不安にさせる要素はたくさんあるのです。

そのような状態で仕事を続ければ、やがて体調を崩し、将来にも大きな悪影響を与えてしまうでしょう。

元気に仕事に励むためにも気分転換は必要不可欠ですが、副業はその1つです。

いつもとは違う雰囲気で仕事をすることによって、風俗嬢としての自分から一時的に解放されます。

下手に趣味に打ち込んだりお酒に走ったりするよりも、よほど効果的にストレスを解消できるでしょう。

「いざとなったら他の仕事ができる」という自信がつくのもメリットです。

出会いを見つけるため

風俗嬢が仕事の中で出会える人たちは、お客・同僚・スタッフの3つに大別されます。

スタッフや同僚は入れ替わりが激しく、スタッフとの恋愛も禁止されていることが多いため、これらの人たちとはなかなか仲よくなれません。

いざという時に頼りになるような友人は、そう簡単に作れないわけです。

かといって、お客と仲よくすればいいわけでもありません。たとえ太客であっても、風俗嬢と個人的に仲よくなりたいと思っているとは限りませんし、関係がこじれて面倒なことになる可能性も考えられるからです。友人や恋人を作りたければ、副業を出会いの場として活用する方がいいでしょう。風俗よりはるかに広い人間関係を築けるはずです。

風俗嬢に人気の稼げる副業2:副業の条件

風俗嬢の副業は、何でもいいわけではありません。副業の目的を達成できるのはもちろんですが、本業である風俗に支障をきたさないよう、いくつかの条件をクリアする必要があるのです。

風俗嬢の副業に求められる条件を挙げてみましょう。

労働環境がいい

最も重要なのは、やはり労働環境がいいことです。長時間労働やサービス残業が当たり前、上司からパワハラを受ける、スタッフ同士の仲が悪いといった問題があれば、とても続けていられません。

下手をすれば、本業にも影響が出てしまうでしょう。たとえアルバイトでも、このような問題を抱えている職場は少なくないので、慎重に選ぶ必要があります。

とはいえ、あくまでも副業は副業です。あまり高望みをしても仕方がないので、ほどほどに働きやすい職場を選ぶのがいいでしょう。

万が一ブラックな職場を引いてしまった場合は、すぐに退職することをおすすめします。

副業よりは、本業や私生活の方が優先されるということを忘れないでください。

出勤が比較的自由

風俗嬢に限らず、副業を考えている人の多くが悩むのが、出勤時間の調整です。

副業のシフトと本業のシフトは被らないようにしなければなりませんが、いつも都合よくいくとは限りません。

「ここだけはどうしても出てほしい」と言われることもあるでしょうし、移動時間がギリギリになることもあるでしょう。

基本的には本業を優先するべきですが、たとえ副業でも一定の責任を持つべきですから、あまりに休みを取りすぎたりドタキャンしたりするのは望ましくありません。

そのため、出勤の自由度の高い仕事を選ぶべきだといえます。どれだけホワイトでも、シフトの融通が利かない仕事は副業に向いていないわけです。

ただし、そもそも風俗は出勤の自由度が高いことを忘れてはいけません。

場合によっては、副業のシフトを中心に生活を組み立て、空いた時間に風俗の仕事を入れるというやり方も可能です。

これまでの生活パターンが大きく変わっても構わないのであれば、検討してみるといいでしょう。

働いていて楽しい

副業はさまざまな経験を積めると同時に、多くの人との出会いの場となり、ストレス解消にもなることが求められます。

これらをひとまとめにするなら、働いていて楽しいことが大切なのです。

労働環境はそれなりによくても、勤務中は退屈で得るものが少ないと感じられるなら、副業をしている意味は薄れてしまうでしょう。

多少ハードでもやりがいのある仕事を選ぶのか?簡単だけどつまらない仕事を選ぶのか?

この判断は人によって異なりますから、はっきりした答えは出せません。本業との兼ね合いや、副業をする目的などをよく考えて仕事を選んでください。

もちろん、簡単かつ楽しい副業が見つかったなら、それが1番です。

接客の経験が積める

副業と本業を完全に切り離して考える人は少なくありませんが、せっかく異なる仕事をしているのですから、その経験を本業にも活かしたいですよね。

風俗で役立つ経験といえば、やはり接客です。風俗嬢の中にも、実は接客が苦手な人は少なくありません。

大した研修もなしに現場に放り出され、どうしていいかわからなくなることも多いでしょう。

そんな時でも、接客業を副業として持っておけば、風俗のスキルアップにつなげることができます。

また、同僚や上司との会話も貴重なコミュニケーションですから、お客相手とはまた違った経験を積めるでしょう。

どのような仕事をするにしても、何らかの形で経験を活かせるといえます。

風俗とのギャップが大きい

ある意味で1番重要なのは、本業が風俗嬢であると悟られない仕事を選ぶことです。

多くの風俗嬢にとって、いわゆる身バレは死活問題ですから、絶対に防がなければなりません。

知り合いはどこにいるかわかりませんし、何がきっかけでバレるかわかりませんから、まったくの別人になりすます必要があります。

ある程度はメイクやファッションでごまかせますが、仕事中の雰囲気も重要です。

とにかく地味で色気と無縁の仕事を選べば、気づかれる可能性は大きく下がるでしょう。

もちろん、身バレしても構わないのであれば、この点は気にする必要はありません。

風俗嬢に人気の稼げる副業3:昼の副業

多くの風俗店は、朝の早い時間から夜中まで営業しているので、風俗嬢も自分に合った勤務時間を選んでいます。

当然、副業に向いている仕事も、本業の勤務時間によって異なるのです。

まずは、夜に風俗で働いている女性のために、おすすめの昼の副業を紹介しましょう。

カフェ店員

一般的な接客業の中でも、特におすすめできるのはカフェの店員です。

飲食系の中では比較的仕事が楽で、しかもお洒落というメリットがあります。

若い女性のお客さんがメインのお店を選べば、本業とはまったく違った雰囲気を味わえるでしょう。

歴史のあるカフェを選べば、幅広い年齢層のお客さんと触れ合うことも可能です。

ショップ店員

カフェ以外でも、小売店の店員は基本的におすすめできる副業です。

接客とレジ打ち、棚出しが主な仕事になるのは、どのようなお店でも変わりません。

おしゃれなアパレル関係やアクセサリーショップ、書店から100円ショップまで何でも大丈夫です。

自分の好きなアイテムに関わりつつ、接客スキルを磨くことができます。

キャンギャル、イベントコンパニオン

風俗嬢に比較的性質の近い仕事としては、キャンギャルやコンパニオンがあります。

「そういうのって事務所に登録しなければならないんじゃないの?」と思うかもしれませんが、実は意外とアルバイトの募集をしているのです。

もし見かけたら。ラッキーと思って応募してみるといいでしょう。

イベントスタッフ

日雇いや期間限定の副業としておすすめなのがイベントスタッフです。

イベント会場の設営や撤去、イベント進行の手伝いなどが主な仕事になります。

大勢の人と協力してイベントを作り上げるのは、貴重な経験であると同時に素敵な気分転換にもなるでしょう。

万が一何か失敗しても、どうせ1回きりですから尾を引きません。ただし、体力は必要です。

事務職

デスクワークに励みたい人は、やはり事務職が1番です。正社員の事務職は一定の資格や経験も求められますが、アルバイトであれば最低限のパソコンスキルがあれば務まります。

初心者は、ひたすらデータ入力をするバイトを探してみましょう。風俗嬢とのイメージギャップも非常に大きいため、身バレを防ぎたい時にもおすすめです。

工場などの軽作業

地味だけど続けやすい仕事の定番といえば、工場での軽作業です。ひたすら製品を組み立てたり、仕分けて梱包したりといった作業を繰り返すことになります。

人によっては飽きてしまって長続きしませんが、単純作業でも長時間続けられるタイプの人ならおすすめです。

風俗嬢に人気の稼げる副業4:夜の副業

次は、昼に風俗で働いている人におすすめできる、夜の副業を紹介しましょう。

昼の副業と決定的に異なるのは、やはりある程度仕事が限定される点です。

夕方以降でも十分な時間働ける仕事としては、どのようなものがあるのでしょうか。

コンビニ

定番中の定番です。「最近のコンビニは仕事内容が多様化しているらしいし、大変そう」と思っている人も多いかもしれませんが、深夜のコンビニはお客さんも少なく、それほど忙しくありません。

どちらかといえば、配送されてくる商品の受取と陳列が主な仕事です。

ネットカフェ(漫画喫茶)

コンビニと並ぶ、夜中までやっている仕事の代表格がネットカフェです。夜にネットカフェに来るお客さんは、寝床代わりに利用していることが多いため、料理の注文などもそれほど入りません。

街の中心から離れた場所にあるネットカフェなら、かなり余裕を持って働けます。

コールセンター

コールセンターの中には、24時間対応しているところもあります。

夜中に電話をかけてくる人はそれほど多くなく、昼間ほど忙しくはありません。

基本的には、マニュアルに沿った対応をするだけなので、初心者でも十分務まります。

病院の受付

大きな病院は、真夜中の連絡にも対応するため、常時受付スタッフを置いていることがあります。

病院という場所の性質上、責任はやや大きめですが、時間が時間なのでそれほど忙しくはありません。

あくまでも一般的な事務職であり、119番の電話を取るようなことにはならないので安心してください。

ガソリンスタンド(セルフ)

セルフのガソリンスタンドは、基本的にお客が自分でガソリンを入れるため、普通のガソリンスタンドに比べると仕事はずっと楽です。

しかも夜中となれば、来客はさらに減ります。ガソリンという危険物を扱うことに責任を持てる人にはおすすめです。

バー

昼のおしゃれな仕事の代表格がカフェなら、夜はやはりバーです。

酔っ払いの相手をしなければならない可能性はありますが、居酒屋に比べればずっと静かでしょう。

ただし、繁華街にあるバーの場合は身バレのおそれがあるため、少し注意が必要です。

まとめ:風俗嬢は、積極的に副業をしよう

実際のところ、専業の風俗嬢はそれほど多くありません。どちらが本業であるにせよ、大抵の風俗嬢は何らかの仕事を掛け持ちしているのです。

将来のことを考えるなら、自分に合った副業を積極的に見つけるべきだといえます。風俗嬢として十分稼げている人でも、求人サイトや求人雑誌に目を向けてみてはいかがでしょうか。

-稼げる副業

Copyright© Be Dazz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.