高収入で映えベート

Be Dazz

風俗嬢の工夫・テクニック・美容

スーパーコンパニオンとデリヘルの給料の違い

更新日:

温泉街などでよく聞くスーパーコンパニオン。ホテルや自宅などで性的サービスをするデリバリーヘルス。この二つの職業、給料にどんな違いがあるんでしょう?

今回は、この二つの職業にスポットを当てて給料の違いを探っていきます!

スーパーコンパニオンとデリヘルどっちが大変?

スーパーコンパニオンは温泉街で主に宴会席でお酌をしたり、セクシーな服装で登場したりします。

基本的にチームで仕事をし、お触りがOKな風俗色が強い仕事です。言わば風俗とキャバクラが一緒になった【ハイブリッドな風俗】

一方デリヘルは、主に1人で個室へ出向いて性的サービスをする仕事。

ジャンルも様々で素人系から熟女系、さらにはコンセプトのあるものまで多くのジャンルが存在しています。

パッと見て、あなたならどちらのお給料がいいと思いますか?

お仕事の大変さは色々違いますが、まずは平均的な金額だけを見て比較をしてみましょう。

気になる給料に違いはある?

それでは比較してみましょう!スーパーコンパニオンの場合は、ほとんどが日給制。1宴会につきもらえるお給料は、平均12,000円くらいが多いようです。

その後、宴会芸のオプションでプラスになったり、宴会が長引くにつれ料金がプラスになったりします。

なかには宴会芸を習得してご祝儀をもらう場合も。ご祝儀分は差し引かれることなく、自分のお給料です。

また、交渉次第ではその後の性的サービスを要求される場合もあるので、これも、丸々自分の収入にすることが出来ます。

平均的な月収にすると、約350,000円~500,000円くらいが相場です。

そしてデリバリーヘルスは、コンパニオンの仕事とは違い、完全歩合制。働けば働くだけお給料が増えるしくみです。

中には保障が付いているお店もあるようですが、お茶になりかけの場合のみ適用されることが多いですね。

基本的には、60分10,000円が相場。

デリヘルの場合は、オプションや指名料、延長料などをプラスするとそれなりに収入は増えていきます。

お店にもよりますが、月収にするなら500,000円~800,000円が相場と言えそうです。

金額だけ見る限りでは、デリヘルの方が断然稼げるように見えます。

忘れちゃいけない経費の事!リスクマネジメントもしなきゃ違いは判らない

ここで忘れちゃいけないのが経費。温泉街で勤めている、スーパーコンパニオンの場合は寮に入っていることも多く、食事も3食付いている所もあります。

しかもタダの場合がほとんど。コスパがいいですね。ただし、衛生面ではというと全てが自費負担。

環境的に呼ばれた先のホテルや旅館で仕事をすることになるので、必ずしもキレイな場所で仕事が出来るとは限りません。

対して、デリヘルは寮完備のお店を見つけることは簡単です。ただ、寮費が引かれる事はあっても、食事が出てくることはありません。

性病検査などはお店が負担してくれるお店も多いのです。基本的に性サービスが主体なので、衛生管理には十分気を付けてお店がフォローしてくれます。

その事を差し引いて考えると、この2つの職業はおおよそ同じくらいの稼ぎと言えそうですね。

温泉街の風俗で副業にスーパーコンパニオンしているツワモノもいる!

温泉街の周りには風俗店が少なからずあります。件数は多くないので、社員旅行など男性なら利用する人が多くいますよね。

ここでも安定して仕事はあるのですが、ツワモノは一味違います!なんと、スーパーコンパニオンを掛け持ちしている風俗嬢も存在しているのです。

通常は温泉街で風俗嬢、宴会が入ればスーパーコンパニオンとして掛け持ち。

そうなればお店の収入とコンパニオンの収入とダブルで荒稼ぎすることができます。

それだけ頑張れば、デリヘルで働いているよりもはるかに収入は上になります。

一方、デリヘルの場合、掛け持ちは出来ても荒稼ぎできるか?と言われれば疑問が残るところ。

単価の高いお店に行く以外は収入を上げる方法はあまりありません。

スーパーコンパニオンをしている女の子は、デリヘル嬢よりもお金に対してハングリーな人が多く、ガンガン稼いでいます。

中には「私上手だから追加してくれたらたっぷりサービスしてあげる」なんてお客さんを口説き行為に持っていくことも。

どっちの方が仕事に対して割がいいのか

どちらの職業も普通に働いていれば、給料の違いはさほどないように感じますよね。では、稼ぎに対して割がいいのはどっちなんでしょう?メリットデメリットを挙げていきます。

スーパーコンパニオンのメリット

  • 宴会場での仕事なので、むやみに怖い目には合いづらい
  • 交渉次第ではサービスに持ち込んで収入をアップすることが出来る
  • 性サービスをするにもさほど技術はいらない
  • 友達と一緒に働くことが出来る

スーパーコンパニオンのデメリット

  • 基本酔っ払いなのでみんな癖の悪い人が多い
  • 大勢の人の前で脱ぐのではずかしい
  • 一人が相手ではないので恐怖を感じる
  • 検査代などすべて自腹
  • 宴会場での仕事なので、衛生面では不安が残る

デリバリーヘルスのメリット

  • お客さんはシラフの人が多い
  • 緊急事態にはスタッフが駆けつけてくれる
  • 安心して働ける場所が多い
  • 行く場所にもよるが衛生面は確保できる
  • お客さん1人あたりの拘束時間が短い

デリバリーヘルスのデメリット

  • 個室なので何が出てくるかわからない
  • たまに値切り交渉がある
  • 変態に付く場合がある
  • 移動に時間が必要なので、その分ロスをする

このメリットデメリットを見ている限り、女の子としてはデリヘルの方が安心感は強いですね。

ですが、スーパーコンパニオンも宴会に呼ばれる限りは安定した収入が望めそうです。

割の良さでは、短時間で仕事を終わらせられるデリヘルの方が良いでしょう。

まとめ

スーパーコンパニオンとデリヘル。ジャンルは違いますが、大体同じくらいの金額を手にすることができますね。

お酒が好きで、チームで働きたいならスーパーコンパニオンはオススメの職業ともいえるでしょう。

反対に、個室に出向き1対1で落ち着いて仕事がしたいなら、デリヘルもアリですね。

ただ、デリヘルもピンからキリまであるのが現状。ランクが高ければ高いほど高給を取ることも可能な職業です。

どちらも面白い職業なので、気になるなら色々探してみてはいかがでしょう?

楽しく仕事が出来たなら、それが給料に反映されてたくさん稼ぐことができますよ!

-風俗嬢の工夫・テクニック・美容

Copyright© Be Dazz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.