高収入で映えベート

Be Dazz

働く風俗店選びの方法

性病中でもできる風俗バイトってある?

更新日:

風俗嬢は、一般女性よりも性病に罹りやすい環境で働いています。

風俗バイトは直接的に体を使う仕事なので、性病になってしまうと完治するまで仕事が出来ません。

ましてや、風俗バイトは殆どが歩合制なので、休んでいる間は給料が発生しないので困りますよね。もちろん有給だってありませんし。

性病中でも働きたい!性病中でも働かないとマズい!と、頭を抱えている風俗嬢が多いのではないでしょうか?

今回は、性病中でも勤務できる風俗バイトをまとめていきたいと思います。

性病中で暇!性病中で出勤出来ない…そんな時に参考にして下さいね。

性病を隠して風俗バイト?それは絶対にNG

風俗バイトは、女の子の体が商売道具です。性病になると、出勤ができなくなるのは当然の事です。

性病にかかると店側から出勤を禁じられる場合もあります。というか殆どのお店がそうですね。

風俗バイトは出勤してなんぼ、指名されてなんぼの世界なので、性病中だからと言って休暇を取ってしまうと稼ぎに影響が出てしまいます。

お金が必要な人にはかなり痛手になりますね。

焦る気持ちも分かりますが「言わなきゃバレないでしょ。内緒にして出勤しちゃお」と言ってお店に性病である事実を隠して勤務するのは絶対にNGです。

性病を移されたお客さんからクレームが来ればお店の評判も下がりますし、もしあなたの性病が治ったとしても性病を移してしまったお客さんがあなたを指名した際にまた性病を移される…と言う悪のループに陥ってしまう可能性もあります。

移されてしまったお客さんが店の常連さんだった場合は、他の女の子にも迷惑が掛かってしまいますし、性病中に出勤しても良い事なんてありません。

結局損をするのはあなたなんです。

だからこそ、性病が分かった時点ですぐに店舗側に連絡を入れて、完治するまでは絶対に出勤してはいけません。

性病検査は定期的に

性病が分かった時点ですぐに休暇を取る!と言っても、中には自覚症状が全く無い性病もあるので、移されたことに気付かず連勤してしまう可能性も考えられます。

だからこそ、必ず定期的に性病検査を受けましょう。

出来れば産婦人科と連携しているお店や、定期的に性病検査を行っているお店、検査の費用を負担してくれるようなお店に在籍するのが理想的ですね。

そうではないお店の場合でも自主的に検査を行って下さい。

早めに治療を受ければ心配ありません

性病の治療で何よりも大切なのが、早期発見と早期治療です。

性病は放置してしまうと感染を広めてしまうだけではなく、あなた自身の身体にも悪影響が出てしまいます。

例えば不妊の原因になったり、他の大きな病気に感染しやすくなってしまったりなど。

風俗嬢が感染しやすい性病として、淋菌やクラミジア、梅毒、トリコモナス、カンジダなどが挙げられますが、これらの病気は早期発見さえすれば、1~2週間、遅くても3週間あれば治ります。

治療方法も殆どが投薬なので、痛い思いをすることもないので怖がったり心配したりする必要もありません。

完治しない性病も存在するので注意

中には、完全に治らない性病も存在するので注意が必要です。

例えば挙げられるのが、性器ヘルペス、HIV、エイズ、C型肝炎など。

万が一上記のような性病になってしまったら、残念ながら風俗嬢を辞めるしか方法はありません。

お金が必要な女の子にとってかなり恐ろしい事実です。だからこそ、性病を甘く見てはいけないし、予防は徹底するべきなのです。

性病中でもできる風俗バイトの業種一覧

性病中でもできる風俗バイトにはどんな業種があるのでしょうか?

オナクラ

オナニークラブ(通称:オナクラ)はその名前の通り、男性のオナニーを見るのが基本的な仕事内容です。

オプションで体を触られたりするようなものもありますが、粘膜さえ触れなければ性病は基本的には移りません。

危険なのはキスや唾垂らしなど。体液に触れることで感染してしまうケースもあるので、性病中はこのようなオプションをNGにしておきましょう。

添い寝リフレ

その名の通り、添い寝をするだけのお仕事です。

添い寝リフレはオプションがあっても腕枕や膝枕、コスプレなど簡単なものばかりなので、性病中は一番安心かもしれません。

メンズエステ、回春エステ、性感マッサージ

エステ+抜きサービスが中心となったお店なので、性病を移してしまう確率も低いです。抜きサービスは基本手コキのみに徹底しましょう。

オプションでフェラがあるお店もあると思いますが、フェラは性病に感染してしまう場合があります。

また、専門的なエステの知識や技術が必要なお店もあるので、できれば素人を売りにしたお店に在籍すると良いでしょう。

セクキャバ、おっパブ

セクキャバやおっパブはお酒やお喋りを楽しみながら、軽く女の子に触れることができるお店で、基本的に抜きサービスがないので安全度は高いです。

キスでも感染してしまう可能性があるので、ソフトサービスを売りにしたお店を選びましょう。

手コキ専門店

手コキだけなら感染のリスクは低いです。ただし、唾を垂らしやフェラはNG。

また、手に傷が付いている状態で手コキをすると、粘膜と血液が触れることで感染リスクを高めるので注意しましょう。

ピンサロはNG!

フェラだけなら移らないでしょ!と勘違いしている女の子が多いのですが、性病はオーラルセックスでも感染してしまうリスクがあります。

その為、ピンサロの勤務は避けましょう。ピンサロはシャワーや消毒すらできないので、一番危険です。

別の店に勤務する旨を在籍店にしっかり伝えよう

性病中でも風俗バイトをしようがしないがあなたの勝手ですが、中には掛け持ちを禁止にしている店舗もあるので、性病中に別の店に在籍したい場合はその旨をしっかり店長やスタッフに伝えましょう。

内緒で勤務してしまいバレるとクビにされたり罰金を科せられたりする場合があるので要注意です。

まとめ

性病中でも働けるお店は沢山あるので焦らなくても大丈夫です。寧ろ色々な業種を経験できる良いチャンスだと思って頑張りましょう。

記載した注意点をしっかり守って、風俗バイトと向き合って行って下さいね。

-働く風俗店選びの方法

Copyright© Be Dazz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.