高収入で映えベート

Be Dazz

働く風俗店選びの方法

風俗店の求人費!金を掛けてると儲かってると言うがいくらの話?

更新日:

風俗店で働く身としては閑古鳥が鳴くようなお店で働くよりも常にお客さんでにぎわっているお店で働くほうがいいに決まっていますよね。

ここでは風俗店が求人費を賭けている店は儲かっているかどうかということについて紹介したいと思います。

お金に困っていてすぐにでも働きたいという人にとってはあまり気にする要素ではないかもしれません。

拘束時間が長いのに働く時間が短く全然稼げなかったということが無いようにしっかりお店選びから始めましょう。

風俗店が払う求人費について

風俗店が求人費などを出す際大手広告サイトに乗せる場合かなりの高額を請求されることになります。

それでもいい人材を集めたいと思う風俗店は求人費用をケチらずお店が儲かるように四苦八苦しています。

これは会社と同じでいい人材を集めるには自社のホームページを使うだけでは不可能で、必ずと言っていいほど大手就職情報サイト等を使っていますよね。

逆を言うと働き手は求人費を払う必要はないので、大手風俗情報サイトにバンバン掲載しているお店で働くほうがお客の入りが期待できて圧倒的に有利です。

求人広告には日給3万5千円程度なんて書かれている風俗店は多いですが、あくまでも客が入った時の料金で会って一日中待機していたからと言ってそこまでのお金が発生する訳ではありません。

風俗店で働く人の多くが稼ぎたいと思っていることでしょうけど、そうするためにはより儲かるお店で働く必要があります。

必ずとは言えませんが、多くの大手風俗情報サイトに求人広告を出しているお店はまず儲かっている、少なくとも儲かろうとしているお店だと考えてもいいでしょう。

求人費を出すお店の傾向について

さらに求人費にお金をかけているお店というのは宣伝費にもお金をかけているという傾向にあります。

先ほど転職サイトの例を挙げましたが、転職サイトの場合は求人をするためだけのサイトとなります。

しかし風俗情報サイトの場合は、求人は一コーナーになっているだけで他は客を集客するための宣伝サイトとなっています。

そのためお店の宣伝をしつつ求人もこなすという訳です。

多くの風俗情報サイトに求人募集がされているということは多くの風俗情報サイトで自店の宣伝をしているということなので客が集まりやすい傾向にあります。

是非そういったお店で働いて大いに稼ぐようにして下さい。

風俗店を贔屓にしているお客さんというのは普段遊ぶ風俗店のメルマガ情報等を取り入れています。

もしその店に新人が入ったらメールがいくようになっているということが多いのです。

するとキャストは自分が新人でなくても多くの男性の目に触れることになるので(何も新人だけの宣伝をするメルマガではないのです)「こんな子いたんだ」と再度確認されることが多いのです。

そうなれば棚から牡丹餅形式であなたが男性客から指名されるということは少なくありません。

有名店や有名グループで働けとは言いませんが、多くの風俗情報サイトに掲載されているお店で働くとメリットは多いと思いますよ。

ちなみに大手風俗サイトにお店の情報を掲載すると5万~10万程度かかります。

これを稼ごうと思ったらよほど集客しないといけないことになります。

それにもかかわらず何社も大手風俗サイトに乗せているというのは儲かっているという証拠になるでしょうね!

求人情報が多い=宣伝情報が多いということにつながるので求人に力を入れている店で働くのであれば日給3~4万円稼ぐことは不可能ではありません!

求人費をケチる風俗店について

逆に求人費をケチる風俗店は注意してください。なるべくならそういったお店で働くのは避けたほうがいいと思います。

求人費をケチる風俗店は独自にスカウトをしたり自社のホームページだけでキャストを集めると言った手法をとります。

こういった店の特徴として挙げられるのが「道端で客引きをする」もしくは「アパートの一室をプレイルームとしている」ということが多いのです。

さらにそれは非合法プレイを行っているお店が多いです。

よくあるのがお店の住所を明かさず、OO駅を降りたら電話をしてくださいと書いてあり、底から電話で誘導するということになります。

住所を明かすとまずいと思っていることが多いのです。

恐らく届け出を出してない店が多いのですが、そういった店では本番プレイを強要したり、かなり格安でこき使われることが多いので絶対に近づかないようにして下さい。

非合法でも儲かればいいやと思っている人も多いと思いますが、実際そういう店に行った男性客はその場では満足するものの、多少の不安感を抱きリピーターにならない傾向があります。

女の子からしてみれば本番プレイまでしたのにお金は稼げずさらに常連客にもならないという最悪づくしな結果に陥ってしまうのです。

ごく稀にいる敏腕スカウトマン

上記とは別にごく稀に敏腕スカウトマンというのが存在します。

どこからスカウトしたのかは分かりませんが声をかける女の子がお店の稼ぎ頭になり、お店が潤うというシステムです。

噂でしか聞いたことがありませんが、実際にはいるようです。

私の予想だとAV業界に精通しててそこからスカウトしているのかな?と思うのですが真相のほどは分かりません。

しかし特に何もしていないで「お金に困っているから風俗店で働きたい」という人に声をかけてくるスカウトマンというのは一般的なスカウトマンで求人費をケチる店の一部ということが多いのでこちらも気を付けてください。

まとめ

求人費にお金をかけている店というのは儲かっている傾向にあることが多いです。

儲かっている風俗店で働くと余分な待機時間が少ないことが多く、出社したのに全然稼ぐことができなかったということにはならないでしょう。

求人費にお金をかけているお店の多くは宣伝費にもお金を費やしていて、お客獲得に向けて試行錯誤している傾向にあります。

求人費をケチっているお店はその場しのぎの経営状況ということが多く、さらには非合法プレイをしているお店が多いです。

スカウトマンに紹介されてついていく場合は十分に警戒してお店に入る前にいろいろな情報を得る必要があります。

-働く風俗店選びの方法

Copyright© Be Dazz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.