高収入で映えベート

Be Dazz

稼げる副業

出会い系バーとは?稼ぎ方やみんなの活用方法

更新日:

「出会い系バー」という単語、最近よく聞くようになりましたね。

文部省の事務次官(官僚のトップ)まで務めたエリート官僚が、こともあろうに出会い系バーに出入りしていたと報道されて

「女性の貧困について調査に行っただけだ」…なんて、と~っても苦しい言い訳をしたことで、話題になりました。

それはともかく、出会い系バーとは貧困女性がお金を稼ぐための場所なのでしょうか?

報道は高級官僚のスキャンダルばかりにスポットが当たっており、出会い系バーの実態が詳しく報じられているわけではありません。

今回は出会い系バーがいったいどういうものなのか、どんな稼ぎ方があるのか、分かりやすく解説していきたいと思います。

出会い系バーとは?

そもそも出会い系バーとは、どういうものなのでしょうか。

とりあえず建前としては、「男性と女性の出会いの場を提供する、会員制のお店」ということになります。

男性は入店料を払いますが、女性は無料です。細かいスタイルはお店それぞれの特色がありますが、店内はマジックミラーや仕切りによって、男性と女性の席が分けられています。

よって、入店後すぐに女の子と相席しておしゃべりできるわけではありません。

男性が気に入った女性を見つけた場合、お店に話を通すことではじめて相席が可能になり、トークスペースで会話することができます。

そこで双方の条件が折り合えば、男性がお店側に「外出料」と呼ばれる料金を払い、女性と一緒に店外で遊ぶことができます。

店外で何をして遊ぶかは、男女の交渉次第であり、お店には干渉されません。

カラオケや食事などのデートを楽しむ場合もあれば、売春行為に発展することもあります。

女性にとって、いろんな稼ぎ方があるのです(なお詳しくは後述しますが、売春は危険が高く、おすすめしません)。

女性に人気のチャットアプリの副業バイトが知りたい方はコチラ

「素人」が人気の理由

このようなお店に、わざわざ高いお金を払ってやってくる男性は、ほぼ100%、セックスが目当てだと思って間違いありません。

即日セックスに持ち込めれば言うことなしですし、すぐにカラダの関係は無理でも、何度かデートを繰り返してラブホテルに行きたいと考えているわけです。

しかしちょっと、おかしいと思いませんか?

男性はセックスが目当てなわけですが、すぐにエッチがしたいのであれば、デリヘルやソープランドに行ったほうがいいはずです。

風俗店であれば、プロの女性のテクニックで天国を味合わせてもらえますし、わざわざセックスまで口説く必要もありません。

風俗に行けば手っ取り早く「昇天」できるのに、どうして男性はわざわざ出会い系バーなどに行って、素人の女性を相手に面倒な手順をふむのでしょうか?

その理由はスバリ「素人の女性の方が、興奮するから」なのです。

これは女性にはご理解いただきにくい話かもしれませんが、男性には恋愛やセックスに関する「素人志向」というものがあります。

「仕事でやってる風俗嬢よりも、素人の女の子の方が興奮する!」という、性的な趣味のことです。

手っ取り早くセックスをするなら、たしかに風俗店に行くのがいいでしょう。

しかし「素人女性じゃないと興奮できない!」という男性が、一定の割合でいるので、出会い系バーのようなビジネスも成り立つわけです。

また素人女性が相手であれば、「風俗店よりも、リアルな恋愛に近い楽しみ方ができる」という面もあります。

風俗店は最初から性行為だけをするものだと決まっているので、女性を口説いたりする要素は基本的にありません。

しかし出会い系バーから女性を連れ出す場合は、女の子とデートをしつつ、セックスに持ち込むまでの「プロセス」を楽しむことができます。

もちろんお金のやり取りはあるわけですが、女性を口説いて合意させる必要はありますからね。

男性によっては、セックスだけでなく、そこまでのプロセスを重視する人もいます。

ちゃんと恋愛(擬似恋愛)の手順をふんでからでないと、セックスでも興奮できないという人たちです。

そうした「プロセス重視派」の男性たちが、すぐに性行為ができる風俗店よりも、女性を口説くプロセスを楽しめる出会い系バーに集まる…そんな傾向があるのです。

事務次官がどうだったかは知りませんが。

パパ活サイトと出会い系どっちが得か気になる方はコチラ

出会い系バーは稼げる?

一方、女性から見たときに、出会い系バーはどんな存在でしょうか。

セックス(売春)がアリかナシか、稼ぎ方にもよりますが女性からは「セックスしなくても、けっこう稼げる」という声も聞こえてきます。

店外デートで食事やカラオケに行くだけでも、最低で5千円はもらえます。

もちろん食費や遊び代はすべて男性持ちです。夜の数時間、男性のお遊びに付き合うだけでもこの額ですから、ワリのいいアルバイトといえるでしょう。

また、出会い系バーの大きな特徴は、風俗店と違って料金が固定されていない点です。

「食事・カラオケで5千円」と書きましたが、これはあくまで相場です。

遊び相手をお金持ちの男性に限れば、この額が跳ね上がることもあり得ます。

男性の遊びに付き合うだけでもそこそこ稼げるのですから、割り切ってセックスをすれば、さらに儲かるのは言うまでもないですよね。

ただし後述するように、個人の売春は危険も多いため、おすすめしません。

愛人契約したい方のための出会い系サイト一覧が気になる方はコチラ

トラブルには要注意

ここまでお話しすると、出会い系バーってとってもお得な場所のように思えますよね。

しかし、世の中そうウマイだけの話はありません。出会い系バーはメリットだけでなく、女性にとって危険な側面もあるのです。

まずなんといっても頭に入れておくべきことは、出会い系バーは風俗店と違い、お店が女の子を守ってくれるということがありません。

男性と店外に出た時点で、お店は男女の関係に一切干渉しないことになっています。

よって、女性がトラブルに巻き込まれたり、危険な目にあったとしても、助けてくれる人はいません。

すべて女性自身で解決しなくてはならないのです。また、男性との意識のズレが、トラブルを生むことがあります。

仮に女性側が(売春なしで)デートだけで稼ぐつもりでいたとしても、出会い系バーに来る男性はほぼ100%、お気に入りの女の子とのセックスを求めているわけです。

男性はなんとかしてエッチに持ち込みたいのに、女性側にその気がない…。

こんな状況が続いたとき、男性が「なんでヤラせてくれないんだよぉ~!」とブチ切れて、大きなトラブルになることもあります。

もちろん風俗店と違って、お店は守ってくれません。男性側の感情がこじれたら、やっかいなことになりかねないのです。

ここまでお話しすると「じゃあもっとたくさんお金をもらって、セックスさせてやればいいじゃん」と、思う方もいるかもしれません。

しかし個人での売春は、危険がともなうのでやめておきましょう。

いざホテルに入ったら、男性から暴力的にあつかわれることだって、可能性がゼロではありません。

さらには性病をうつされる危険もあります。個人での売春は、お店に守ってもらえないため、女性があらゆるリスクにひとりで対処しなくてはなりません。

これはとってもアブナイことです。どうか目先のお金にとらわれて、危険な端を渡らないようにしてください。

まとめ

以上見てきたように、出会い系バーはある意味独特のシステムで動いており、上手く利用すれば女性にメリットもあります。

一方で、なにかトラブルが起きてもお店に守ってもらえないので、慎重に利用する必要はあるでしょう。

-稼げる副業

Copyright© Be Dazz , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.